· 

自分に還る旅。

 

ただいまです!

北海道に行ってきました。

 

何が何だかすごい旅でした。

過去と現在と未来をいっぺんに旅してきたような。

 

これは、出力しないと寝れないぞ、という感じなので、

見たこと思ったこと、今、思いつくまま書いてみます。

 

 

 

スタートは富良野から。

今回はツアーに参加させていただきました。

 

きっかけは芦屋の展示会。

 

6月の札幌の時、

北海道で石を掘り、ご自身で磨かれている方から「編んでみてください」と石をお預かりしました。

 

私はその時初めて「カムイ」という言葉を知りました。

カムイはアイヌの言葉で「神」

アイヌでは、すべてのものに神が宿るとされています。

 

その神の石たちを並べてみたら、「おぉ!宇宙!」と感動し、

1つの「神居古潭」という作品が完成しました。

 

 

 

そして、芦屋の展示会で、この作品に出会いがあり、

その時ちょうどサトケンさんがそこにいらして、

「9月にアイヌの儀式に参加するよ」と!

 

私はその時、まさにアイヌについて知りたいと思っていたので、ワーォ!

「行きます!」

の流れで、今回の旅が始まったのでした。

 

 

参加される方に初めまして〜!と挨拶をし、

(これまた不思議と「初めまして」の感じがしない)

 

夕暮れの森を散歩したり、

ドラマ「優しい時間」で使われたカフェ「森の時計」に出会えたり、←行ってみたかった!

月夜の道に感動したり。

 

 

次の日、富良野塾で木を植えさせてもらい、

心に響くど真ん中な話をたくさん聞かせてもらいました。

 

 

その後、いよいよ二風谷へ移動し、

どんどん不思議な感覚に。

 

 

博物館で説明を聞いている時、

「あれ?なんでこのタイミングで泣きそうなん??」という

よくわからない感覚になっていると、

同じ気持ちでいた人が1人いて、

「ね!ね!」と分かち合うことができました。

でも、なんやろねー?と理由わからないまま。

 

 

そして最終日。

 

 

カムイノミ(「神に祈る」という意味で、アイヌが、神格であるカムイを天界に返す儀式)に参加させていただきました。

 

 

チセ(家)で参加させていただくという貴重な経験だったのだけれど、

なんと、熊送りの儀式「イヨマンテ」まで出会わせていただくという貴重すぎる経験で。

 

 

※カムイノミとは、「カムイ(神)」「ノミ(に祈る)」、すなわち人々が生活する上で必要なことを神(カムイ)に祈る儀式のことです。
 アイヌの信仰では、この世の存在するあらゆるものに「魂」が宿っていると考えられています。なかでも、動物や植物など人間に自然の恵みを与えてくれるもの、火や水、暮らしの道具など、人間が生きていくうえで欠かすことのできないもの、天候や流行病など人間の力の及ばないものなどを「カムイ」として敬いました。
 この世界は人間とカムイとが、お互いに関わりあい影響を及ぼしあって成り立っているものだ、と考えられています。そして、カムイへの頼みごとやお礼など、人間からカムイに対して伝えたいこと、伝えるべきことがあるときにカムイノミを行います。
〔参考:アイヌ民族文化研究センター〕

 

 

儀式の間中、

なぜ、今、私は、ここに座って、この景色を見ることができている????と、

それはもう不思議で不思議で、

ここに連れてきてくれた人や流れにただただ感謝。

 

や、も、ほんと、聞くのと見るのとでは違うというけれど、

全部感覚に任せていたら、

一見、バラバラに見える出来事が、

どんどん繋がっていって、

ちょっとちょっと、これ、どこから繋がってた?と。

 

やーもーほんと、

旅に出るたび新しい自分に出会い、びっくりする。

自分の内側にあることをどんどん知る。

 

 

あまりに普段の生活と違う世界を見たので、

興奮状態だったけど、

ここまで書いてきて、

やっとぽわわーんとしてきました。

 

日本、深い!!

私はもっと日本を知ってみたい。

この足で、いろんな土地を歩いてみたいと思いました。

 

ツアーを企画してくださった、みえこさん、サトケンさん

リーダーのたなちゃん。

ご一緒できた皆さま。

ここへ繋いでくれた仲間。

嬉しかったです。

本当にありがとうございました!

また1つ、宝物の思い出が増えました。

またどこかでお会いしましょう!

 

 

 

全てに、心から感謝を込めて。

 

 

面白かったー!

 

 

編むぞー!